健康マネジメント協会

 

サービスご案内

資料提供

健康コラム

事故事例集

点呼システム

SAS(睡眠時無呼吸症候群)

 

 

どこを探しても見つからない健康改善サービス

自動車運送事業にとって安全を軽視するとすぐさま廃業に直結する時代が来ました。ドライバーの健康こそ経営の根幹だったのです。しかし何とかしようにも手を貸してくれる所がありません。在りそうで無いのが健マネのサービスです。ドライバーの健康管理は個人情報で会社規模の大小に関係なく扱いにくい対象でした。最近運転者の職業特性と生活習慣病とが同心円のように重なることが解ってきました。十分な手当てが必要です。

 


 

「管理栄養士による個別指導」とは?

◆専任の管理栄養士が面談して健康改善計画を作ります。
◆定期訪問して途中経過のアドバイスをします。
◆1年後にビフォー・アフター分析してさらに改善します。

「会社ごとに研修セミナー」とは?

◆自分の健康状態に触れられたくない運転者に、避けて通れないことを自覚させます。
◆会社の方針遂行に当たって従業員の個人領域の壁を取り外します。
◆個人情報である健康情報を、日常の改善課題というテーブルに載せてしまいます。

「個人別健康管理ノート」とは?

◆個人の定期健康診断データを解析してわかり易く表示します。
◆特殊印刷技術で一人に1冊ずつ印刷製本いたします。
◆国交省の健康管理マニュアルに準拠したノートです。
◆社長の経営姿勢を示す物的証拠です。運転者の健康確保は安全運行管理の土台です。最先端の課題に着目する経営姿勢はやがて業績に反映されます。

SASスクリーニング検査を始めました

SAS(睡眠時無呼吸症候群)は、睡眠中の気道の閉塞により、断続的に無呼吸を繰り返し、日中強い眠気に襲われる病気で、国土交通省はドライバーに対するSAS検査の実施を推奨しています。
当協会でも、ドライバーのSASスクリーニング検査、およびその後のフォローアップを行っています。

SASスクリーニング検査とその後のフォローアップについて